革製品の修理事例

  • ステッチの修理事例
  • 持ち手の修理事例
  • ファスナー・引き手の修理事例
  • もも革の修理事例
  • 金具の修理事例
  • 染めの事例
  • 内張りの修理事例
  • コート・ジャケットの修理事例
  • イス・家具の修理事例

革製品の修理事例 持ち手

最も手に触れる「持ち手」は一番劣化しやすい部分です。
持ち手が取れてしまったり、ちぎれかけているものも、丈夫な革に付け替えることができます。

修理・リペア 参考価格表

  1. 革バッグ持ち手修理前
    長年の使用で、くたびれてしまった持ち手
  2. 革バッグ持ち手修理後
    2本使いだった持ち手を、丈夫な牛革1本使いに変更して、安定感を出しました。
  1. 革バッグ持ち手修理前
    お任せで、見た目の良いデザインの持ち手にしてほしいとの希望です。
  2. 革バッグ持ち手修理後
    付け根部分のデザインを少し凝ったデザインにし、カチッとした感じに仕上げました。
  1. 革バッグ持ち手修理前
    持ち手の片方が抜けてしまいました。
  2. 革バッグ持ち手修理後
    カブセ部分をほどき、修理しました。
  1. 革バッグ持ち手修理前
    持ち手の付け根に負担がかかり、切れて しまいました。
  2. 革バッグ持ち手修理後
    一度持ち手をほどき、裏から補強して修理 しました。
  1. 革バッグ持ち手修理前
    ショルダーの長さを短くしたいというご希望 でした。
  2. 革バッグ持ち手修理後
    ベルトの長さを少し変えるだけで、お鞄の 雰囲気も変わりますね。
  1. 革バッグ持ち手修理前
    持ち手部分の革が一ヵ所避けてます。
  2. 革バッグ持ち手修理後
    似た革で新しく二本手を作製しました。
  1. 革バッグ持ち手修理前
    持ち手部分がかなり劣化しています。
  2. 革バッグ持ち手修理後
    雰囲気の近い革で作製しました。
  1. 革バッグ持ち手修理前
    持ち手に巻かれていた革がところどころはがれ、中味が見えてしまっていました。
    また、摩擦で色が変色してしまっていました。
  2. 革バッグ持ち手修理後
    革を張り替えました。また、購入時に近い色の革を使用しました。
  1. 革バッグ持ち手修理前
    持ち手の根元部分の革が傷んで、途中でちぎれてしまいました。
  2. 革バッグ持ち手修理後
    本体と同色の牛革で、持ち手をつけ替えました。
  1. 革バッグ持ち手修理前
    手カンのネジがはずれてました。
  2. 革バッグ持ち手修理後
    同色のネジを使用し、修復しました。

修理事例一覧に戻る

修理のご依頼・ご相談はこちらから

修理のご依頼から納品までの流れはこちら

お預かりした大切な革製品は、ご返却までマーティーが責任を持ってお預かりいたします。

革製品を修理してからご返却までの管理

このページのトップへ

あなたのレザーライフをサポート
レザーライフコンシェルジュとは?
レザーマイスター(革職人)とは
レザーと一緒に暮らすための
革製品の修理(リペア・クリーニング・染め等)
コンシェルジュが提案する
バッグ・革製品のリフォーム
  • お問い合わせ・修理・リペア依頼
  • お客様の声